次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

リトル・ゲームス 〜 ザ・ヤードバーズ(其の一)

ノンカテゴリ

リトル・ゲームス 〜 ザ・ヤードバーズ(其の一)
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

あのジミー・ペイジが加入した唯一のスタジオ録音盤

知らない人のために一応言っておくと、ヤードバーズには4人のギタリストが在籍していた。トップ・トーハム(音源がないため不明)エリック・クラプトン、ジェフ・ベック。ジミー・ペイジである。なおジェフ・ベックとジミー・ペイジはわずかな期間ながら一緒に活動している。私を含め、皆が知っているのは、エリック時代からだろう。1966年にかけてはバンドを去るが、、彼〜エリックは長らくブルースに探求を行う事となる。さて、バンドは1963年、クローダディ・クラブというロンドンのクラブでストーンズの後釜として活動することになる。その時のギタリストが、エリック・クラプトンである。いまやアダルト・オリエンタル・ロックなどと訳がわからない形容をされているが、60年代はギターの鬼だったのだ。当初ヤードバーズはブルースバンドでもあったが、次第にコマーシャル路線を歩んでいく。そんな彼らの音楽性に嫌気がさしたエリックがバンドを辞めてしまう。(続く)

ジミー・ペイジが加入したそのサウンドは?

リトルゲームス  ザ・ヤードバーズ

ペイジ時代(1966-1968年)は以下の通り。

キース・レルフ(ボーカル、ハープ)
ジム・マッカーティ(ドラムス)
クリス・ドレヤ(ベース)
ジミー・ペイジ(ギター)
1967年リリースのこのアルバムを通して聴くと、ヤードバーズらしいビートを刻むナンバーもあるが、あくまで、ペイジが主体である。ツェッペリンでも演奏している”ホワイトサマー”や”幻惑されて”は実験性が高いペイジならではの音楽性が感じられる。しかしメンバーはバンドを辞めることを考えていたり、ペイジの音楽性についていってないのだ。メンバーには酷だけれども。(こちらも続く)

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう